ほしみの日記

情報系専門学校生のブログです

MENU

今週のお題の好きなスポーツについて書いていきます

今週のお題「好きなスポーツ」

好きなスポーツ!

僕は、もともとインドア派なのであまりスポーツとかは得意ではないのですが、
高校の時に始めた 弓道 が好きですね。



弓道ってどんなスポーツ??

弓道ってよく、的の中心に当てれば高得点みたいな勘違いをよくされるのですが、実はどこに当たっても同じなんです。 中心に近い人が勝ちという競技もあるのですが、主にこれは順位決めとかでよく用いられたりします。


若い方から高齢の方までできる「生涯スポーツ」なんていわれていたりしますね~

始めたきっかけ

高校の勧誘で弓道部は生徒の前で演舞をしていたんですよね。その姿に一目ぼれして入部しました。(あと、楽そうだったからw←でも全然楽じゃなかった)

入部後

入部してすぐに弓を持てるのかと思いきやそうはいかず、まずは基礎練習でした。

昔は人を殺めるのに使っていた道具です。
正しい知識がないと事故が起きてしまうので4か月ほど基礎練習、知識詰込みを行いました。
矢先は矢じりとかはついていないので最悪人に当たったとしてもすっごく痛くて痣ができる程度かもしれませんが、目とか当たり所が悪かったらよくないですからね

初めて弓を引く!!

入部して4か月、夏休みも中盤に差し掛かるところでやっと初めて弓を引くことができるようになりました。
あの時はすごく緊張して鼓動がめちゃくちゃ早まっていたのを今でも覚えてます。

弓ってかなり繊細で、28m先の直径36㎝の的を狙うのですが、28m離れていると大体的が1~2㎝くらいにしか見えないんです。

さらに、狙いが1㎝でもずれると28m先では1mずれてしまうのです。

つまり、狙いはmm単位の世界で行います。アーチェリーのようなスコープはないのですべて感覚です。
一応狙い方みたいなのはあるんですがここでは割愛させていただきます。

狙いが合ったとしても、そのほかの動作がずれてしまうとなかなか当たりません。
想像していたよりも奥が深い弓道に僕はどんどんのめり込んでいってしまいました。

精神が鍛えられる??

よく、弓道は精神が鍛えられるという言葉を耳にしますが実際にはどうなんでしょうか??
僕は、鍛えられるというよりかは、価値観みたいなものが変わったなぁと今振り返ると感じます


弓道ってすべて個人で完結しているんですよね。
的に当たる理由も、当たらない理由もすべて自分にあるんです。
対人系のスポーツだとよくある、相手が一枚上手だった…みたいなのが弓道にはないんです。

なので、ずっと自分と見つめあってました。
そうしたら、いつの間にか 他人と比べる ということをしなくなりました。
もちろん、他人のいいところは見習おうとしたりはしましたが、他人はできるのに自分はできなくて落ち込むということはなくなりましたね。


そういう意味では精神的な向上はあったのではないかなぁと思います。

最後に

書くことが思いつかなかったので「今週のお題」というものに頼ってみましたが、
また、弓道をやりたいなぁと思いました

毎日居残り練習、土日も自主練をしていました。
すると、ほかの部員も自主練、居残り練習するようになったりしてみんなでワイワイしたのはいい思い出ですw


では、この辺で終わろうと思います!


ありがとうございました!!



https://4.bp.blogspot.com/-nj2sygSRwT8/UsZs7mNiGEI/AAAAAAAAcuM/4HPzOj4ChHQ/s400/sports_kyudou.png